NTTドコモは2017年10月18日に開催した新製品発表会で、2017-2018年冬春モデルの新製品を発表した。スマートフォン11機種、タブレット2機種の合計13機種に加え、2機種に新色を追加した(写真1)。

写真1●NTTドコモが2017-2018年冬春モデル新製品を発表
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 発表会場に展示された実機をレポートしよう。なお、ドコモが企画した2画面スマホ「M」については、別記事を参照いただきたい。

480都市で「4CA」、Android 8.0 Oreoも

 2017-2018年冬春モデルでは、ドコモ初となる、4つの周波数帯を束ねたキャリアアグリゲーション「4CA」の対応機種が登場する。4CAは2017年10月下旬にサービスを開始し、2017年11月末時点で全国480都市に展開する(写真2)。

写真2●2017年10月下旬より「4CA」を提供
[画像のクリックで拡大表示]

 冬春モデル新製品では「Galaxy Note8」「Xperia XZ1」「Xperia XZ1 Compact」「V30+」「JOJO」の5機種が4CAに対応するほか、夏モデル「Xperia XZ Premium」「AQUOS R」もOSバージョンアップで対応予定となっている。

 Android 8.0 Oreoについては、「Xperia XZ1」「Xperia XZ1 Compact」「V30+」「JOJO」の4機種が販売開始時から搭載。2017年12月以降は、合計21機種にAndroid 8.0 Oreoへのアップデートを提供する。

 セットトップボックスの新製品としては、「ドコモテレビターミナル」を発表した(写真3)。2018年1月以降に開始する「ひかりTV for docomo」など、すべてのドコモの映像サービスに対応する。

写真3●ドコモテレビターミナル。リモコンも付属する
[画像のクリックで拡大表示]

 Android TVをベースにしており、HDMIケーブルでテレビに接続して利用する(写真4)。Wi-Fiまたは有線LANで接続できるブロードバンド回線が必要になる。USBポートにストレージを接続して録画も可能。華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)製で、2018年1月に発売する。

写真4●Android TVをベースとした製品
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら