イオンリテールは2017年4月14日、格安SIMを展開する「イオンモバイル」初の専門店を、東京駅・八重洲地下街にオープンした。同じ八重洲地下街の別の店舗から移転した「AppBank Store」も併設する(写真1)。

写真1●イオンモバイル八重洲
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 これまで郊外の総合スーパーを中心に展開してきたイオンモバイルが、都心における専門店の設置に乗り出した狙いはどこにあるのか。

郊外では取り込めない客層がターゲット

 イオンモバイル初の専門店を出店した狙いとして、イオンリテールIMO本部モバイル事業部事業部長の橋本昌一氏は、「これまでGMS(総合スーパー)を中心に216店舗を展開してきたが、いずれも郊外が中心だった。専門店では都心の若者やビジネス客をターゲットにしたい」と説明する(写真2)。

写真2●イオンリテールIMO本部モバイル事業部事業部長の橋本昌一氏
[画像のクリックで拡大表示]

 店舗内には、イオンモバイルの格安SIMを始め、SIMロックフリーのスマートフォン本体や多数のアクセサリーが並んだ。契約カウンターは、新規契約・MNPのいずれについても即日の手続きに対応し、端末の在庫があれば持ち帰りも可能という(写真3)。

写真3●カウンターで即日手続きが可能
[画像のクリックで拡大表示]

ここからは会員の登録が必要です。