あるときは銀行の窓口業務をこなし、あるときはがん患者の治療方針を提案し、あるときは独創的な料理を作る――。米IBMの「Watson」が提供するアプリケーションはあまりに多彩で、捉えどころがない。

 Watsonとは、いったい何を指す言葉なのか。IBMは、クイズ王を破ったこのコグニティブ(認知)システムを、どうビジネスに結びつけるつもりなのか。英語向けのWatsonを日本語に対応させることは、本当に可能なのか。

 これらの問いに最も適切な答えを返せるのは、Watson Groupの指揮を執るIBMシニア・バイス・プレジデントのマイク・ローディン氏だろう。

 ローディン氏は、Software Solutions Groupの責任者だった2011年半ば、クイズ番組「ジョパディ!」でWatsonがクイズ王を破ったシーンをテレビで見て、思わず「I want that!(これが欲しい!)」と叫んだという。翌日にはWatsonチームを訪れ、開発陣をローディン氏のチームに引き入れるよう動き出した。

 そこから2013年末までの2年間、ローディン氏を含めたWatson開発チームは「ステルスモード」(何のアナウンスもせず技術開発に専念すること)に入り、Watsonという荒削りな技術を商用化する技術戦略を練り上げた。

 今回はローディン氏へのインタビュー(写真1)をもとに、IBMが社運をかける「Watson」のアーキテクチャーとビジネス戦略を解剖する。

写真1●米IBM シニア・バイス・プレジデントのマイク・ローディン氏
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら