iOS 11からAR(Augmented Reality、拡張現実)分野に参戦したApple。前編に続き後編では、同社のARフレームワーク「ARKit」は何ができて、何ができないのかを検証しつつ、ARKitがもたらすARの将来について考察する。

AppleとGoogleがスマホ向けARでガチンコ勝負

 ARKitが主題なのにいきなりGoogleの話で恐縮だが、Googleは2017年8月29日、アップルに先駆けてAndroid向けのARフレームワーク「ARCore」を発表した。ARCoreとARKitはガチンコ勝負のライバル関係にある。スマートフォン(スマホ)の両巨頭がARを標準でサポートしたことで、スマホ向けARビジネスが一気に拡大する。ただ、現状のARCoreはまだ発展途上のようだ。AR開発ユニット「AR三兄弟」の川田十夢氏は「普及台数と動作の滑らかさは、いまのところARKitが一歩リード」(AR三兄弟の川田十夢氏)と評価する。

AR関連のアプリ・サービス企画開発ユニット「AR三兄弟」の長男、川田十夢氏。テレビやラジオのレギュラー番組で最新テクノロジーの魅力を伝えている。今回は、ネットワーク越しに突撃パジャマインタビューの体で話を聞いた
[画像のクリックで拡大表示]

 ただ、視野角の狭いスマホの画面内で展開するARで、どの程度「拡張した現実」を体感できるのだろうか。そのためには、ARKitにできることを検証する必要がある。

リアルとバーチャルを重ねるARKitの仕組み

 ARKitは現状、机や床、地面などの平面をiPhoneのカメラで検出し、その面を3D空間の水平面と定義、それを基準にオブジェクトを配置する。ただ、物体の水平面が真っ白だったり光を反射していたりすると、認識してくれない。水平面に何らかのテクスチャー(模様や色の差異など)がないと正確に判断できないようだ。

 次の動画は、前編で紹介したスマホアプリ「Standland」のARモードを利用している様子を撮影したものだ。ARモードを起動し、反射の多い海水面にカメラを向けるも、うまく平面として認識できない。そこでカメラをパンして地面(木製のデッキ)を写すことで無事認識できた。この場合、カメラに映った平面のテクスチャー(木目や溝など)やモーションセンサーの情報から「ここは確かに平面だ」と判断している。

StandlandのARモードが水平面を検出するまでの様子。破線の四角表示はARKitが平面を探している状態。海面から地面にパンすると表示が青色のターゲットマークに変わる。これは平面を認識したことを表す。画面下部のキャラクターをタップするとターゲットマークの位置に出現する。途中、誤ってリセットボタンに触れてしまったのはご愛嬌

 ちなみに、水平面の認識が不十分な場合でもオブジェクトを配置できるが、アンカーポイントが不確かなものになる可能性が高く、オブジェクトの位置関係がおかしくなる場合もある。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら