2014年3月20日、バチカン市国の公式プレスルーム「サラ・スタンパ」で記者会見が開かれ、同国がある契約に調印したことが発表された(写真1)。契約書の署名者は、ジャン=ルイ・ブルーゲス バチカンローマカトリック教会記録・図書担当大司教とNTTデータの岩本敏男代表取締役社長だ(写真2)。会見には、バチカン図書館のチェーザレ・パッシーニ館長、NTTデータの岩井利夫常務執行役員公共システム事業本部長などが列席した。

写真1●「サラ・スタンパ」での記者会見の様子(写真提供:NTTデータ)
右から、チェーザレ・パッシーニバチカン図書館長、フェデリコ・ロンバルディバチカン市国公式プレスルーム担当、ジャン=ルイ・ブルーゲスバチカンローマカトリック教会記録・図書担当大司教、NTTデータの岩本敏男代表取締役社長、NTT DATA EMEAのパトリツィオ・マペリCEO(最高経営責任者)、NTTデータの岩井利夫常務執行役員公共システム事業本部長。
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●調印式の様子(写真提供:NTTデータ)
[画像のクリックで拡大表示]

 これにより、バチカン図書館が所蔵する手書き文献を、NTTデータがデジタル化し、アーカイブシステムで管理できるようにするプロジェクトが正式に前に進みだした(関連記事:世界的にも異例、バチカン図書館がNTTデータと23億円の大型契約)。まずは初期契約で、3000冊の手書き文献を4年間でデジタル化する。費用は約23億円だ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!