論理設計を進めていくと,また難題が降りかかってきた。使用するトランジスタ数を2,000個以内にすることと,汎用レジスタやアドレススタックだけでなく,すべての論理にダイナミック回路の使用という要請であった。

ここからは会員の登録が必要です。