最後に、NTT東西の次世代IP網として展開してきたNGNに関するユーザー企業の動向を見てみる。NGNを使って提供されるフレッツ 光ネクスト回線は、2010年度末までには東西双方の光サービスエリア全域で利用可能になる見通しだ。しかし、企業ユーザーの間ではそれほど興味の対象とはなっていない。

ここからは会員の登録が必要です。