米経済誌「Fortune」は米国企業を対象にした「最も働きがいのある会社ベスト100」の2010年ランキングを発表した。2月8日号に掲載されたランキングの首位は、ソフトウエア・ベンダーの米SASが獲得した。米Googleは昨年に引き続き4位。昨年首位だった米NetAppは7位に順位を下げた。

 SASは、福利厚生が充実している。月額410ドルの育児手当、90%適用の健康保険、疾病による無期限の有給休暇などを提供し、社員が無料で利用できる医療センター、6万6000平方フィートのフィットネスジムとプール、図書館などを設けている。収益性も優れているほか、離職率は2%と低い。米国に5487人、米国外に5579人の従業員をかかえる。同社は13年連続でベスト100に選ばれている。

 Googleはここ数年、一部の手当を削減していたが、昨年、年金制度やストック・オプションに新たなプログラムを追加した。また、エンジニアが就業時間の20%を好きなプロジェクトに費やすことができる制度も評価が高い。2010年は1000人以上を新たに採用する予定だ。

 NetAppは世界で従業員の5%を削減するリストラ策を実施した。しかし、幹部が13カ国のオフィスを巡って説明を行い、寛大な退職手当を用意したという。

 ランキングのトップ10は以下の通り。100社の全リストはFortuneのWebサイトに掲載している。

順位   企業                雇用成長率   米国従業員
1      SAS                         2%        5,487
2      Edward Jones                8%       37,079
3      Wegmans Food Markets        0%       36,770
4      Google                    N.A.         N.A.
5      Nugget Market             -16%        1,342
6      DreamWorks Animation SKG   13%        1,825
7      NetApp                      0%        5,033
8      Boston Consulting Group     3%        1,737
9      Qualcomm                    3%       12,255
10     Camden Property Trust      -6%        1,743

出典:Fortune