電子書籍およびオーディオブック配信技術の米Findaway Worldは現地時間2014年5月7日、米海軍との提携により海軍軍人向けの電子書籍閲覧端末「Navy eReader Device(NeRD)」を開発したと発表した。これにより、潜水艦の乗組員などは豊富な電子書籍にアクセスできるようになる。

 NeRDは、米海軍福利厚生部の図書プログラム「Navy General Library Program(NGLP)」との連携で開発した。米海軍が選定したベストセラー作品、古典作品、専門書、娯楽作品などのデジタルコンテンツがプリインストールされている。

 NGLPでは、軍人およびその家族に対して無料でデジタル図書館にアクセスできるWebベースのサービスを提供している。しかし、艦艇内では安全保障上の問題から個人のモバイル端末を持ち込むことが許可されないため、こうしたデジタルコンテンツへのアクセスには制限がある。NeRDはこの問題を解消するとしている。

 米メディアの報道(The Verge)によると、NeRDは米E Inkの電子ペーパーディスプレイを搭載したデバイスで、米Amazon.comの電子書籍閲覧端末「Kindle」に似ている。しかし、インターネット通信機能はなく、外部メディア接続に対応していない。約300タイトルの電子書籍が収録され、コンテンツを追加および削除することはできない。米海軍はまず365台のNeRDを調達し、その後、導入を増やす予定という。

[発表資料へ]