総務省は2014年1月23日、第4世代移動通信システムに関する公開ヒアリングを開催した。今回のヒアリングは、総務省が携帯電話事業者向けに年内にも割り当てを予定している3.4G~3.6GHz帯(3.5GHz帯)を使って第4世代移動通信システム(LTE-Advanced)を導入したい事業者の意見陳述となる(関連記事:2014年に注目したいLTE-Advanced向け周波数割り当てと5Gの行方)。

 募集の結果、NTTドコモ、イー・アクセス、KDDI、ソフトバンクモバイル(応募順)の携帯4社が応募。ヒアリングでは携帯各社の社長が勢揃いし(写真1写真2)、3.5GHz帯を使ったLTE-Advancedの利用イメージや割り当て方針に向けた意見を述べた。

写真1●ヒアリングで意見陳述したNTTドコモの加藤薫社長(左)、イー・アクセスのエリック・ガン社長(右)
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●ヒアリングで意見陳述したKDDIの田中孝司社長(左)とソフトバンクモバイルの孫正義社長(右)
[画像のクリックで拡大表示]

ここからは会員の登録が必要です。