写真1●講演するNTTデータの岡田譲二氏
写真1●講演するNTTデータの岡田譲二氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●実装言語としてHaskellを選択した理由
写真2●実装言語としてHaskellを選択した理由
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTデータは、レガシーシステムのソースコードを解析して設計書として出力するサービス「設計書リカバリーサービス」を提供している(ニュースリリースITproの記事1)。このサービスは「Haskell」というプログラミング言語で実装されている(ITproの記事2)。2013年11月22日に開催されたイベント「数理システムユーザーコンファレンス2013」のセッション「COBOL meets Haskell ~ Haskellを用いたCOBOLのプログラム解析ツールの開発事例 ~」では、NTTデータ 技術開発本部 ソフトウェア工学推進センタの岡田譲二氏が、このサービスをHaskellで実装した理由などを明らかにした(写真1)。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!