写真1●米ガートナー シニア・バイスプレジデント 兼 リサーチ部門最高責任者 ピーター・ソンダーガード氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「東京オリンピックが開催される7年後の2020年、企業内のあらゆる予算がIT関連になり、全ての企業がテクノロジー企業になる」---。

 2013年10月15から17日まで、ガートナー ジャパンは「新しいデジタル・ワールドをリードせよ」をテーマに「Gartner Symposium/ITxpo 2013」を開催中。そのメディア向けセッションで、米ガートナーでシニア・バイスプレジデント兼リサーチ部門の最高責任者を務めるピーター・ソンダーガード氏は冒頭のように指摘し、「7年後にはIT部門の役割が大きく変わる」と強調した(写真1)。

 ガートナーは、全ての企業がテクノロジー企業となる状態のことを「デジタル産業経済」と命名。センサーや無線、3Dプリンターなどの新しい技術を組み合わせて、「企業に成長と価値をもたらす時代がやってくる」(ソンダーガード氏)とした。

IT部門の負う責任が変わる

 ソンダーガード氏は、デジタル産業経済時代に企業のIT部門は五つの観点で「新たな責任を負う」と指摘する。一つめが、「デジタル・テクノロジー・アーキテクチャ」だ。「今、自動車に搭載されている技術に自動車メーカー内では誰が責任を持っているのか」と話し、「サービスや製品に利用されているあらゆるITにIT部門が責任を持つべきだ」とした。二つめは企業内の全てのデータや情報を定義する「エンタープライズ・インフォメーション・アーキテクチャ」だ。一つめと同様にIT部門が新たに責任を負うべき領域とした。

 三つめは「サイバー・セキュリティとリスク」だ。企業内のあらゆる業務にITが関係するとなると、製薬会社の場合は各国の薬に関する法規制に加えて、金融庁の法規制など、「あらゆるルールに対して統合的に責任を持つ組織が必要になる」とソンダーガード氏は指摘。これもIT部門に求められる役割の一つとした。IT部門が負うべき責任の四つめは「産業基盤化されたITインフラ」だ。これは「社内外のクラウドを連携する役割」(ソンダーガード氏)を指す。

 最後にIT部門に求められるのが「デジタル・リーダー・シップ」だ。ここで重要になるのが「ストーリーテリングの能力になる」とソンダーガード氏は話す。ITを利用して、「どのように企業に価値をもたらすのか」を、一般の社員に教育する役割が重要になる。

今後10年間で最も影響力を持つのは「まだ見ぬ新興ベンダー」

 こうした変化を受けて「IT企業への期待も変わる」とソンダーガード氏は言う。自動車メーカーを例に、今後、急速に進むデジタル化について説明した。「自動車競争力は自動車本体の技術ではなく、クラウドにある自動車と接続するサービスが左右するようになる」とソンダーガード氏はみる。米グーグルが自動運転技術の開発によって、「いきなり自動車メーカーの競合になった」(ソンダーガード氏)ように、「IT業界も異なる視点で見られるようになる」(同)とした。

 その代表例としてソンダーガード氏が紹介したのが、ガートナーが調査したCIO(最高情報責任者)が考える「影響力のあるITベンダーランキング」だ。「今後10年間で最も影響力があるITベンダー」を聞いたところ、CIOの32%が「まだ見ぬ新興ベンダー」と回答し、トップだった。2位は米グーグルで28%、3位は米アップルで20%、4位は米マイクロソフトで15%だった。

 ただし米グーグルは「過去10年間で最も影響力があったITベンダー」としては15%であり、「過去」と「今後」を比べると13ポイントのアップとなった。今後の期待が大きいことが分かる。その一方で、米アップルは「過去」の37%から17ポイントのダウン、米マイクロソフトも「過去」の23%から8ポイントのダウンとなっている。

 ソンダーガード氏は、「7年間と言うと長いように思えるかもしれないが、デジタル化の視点から見たらアっと言う間」と強調。「IT企業もまだ見ぬベンダーが競争相手として存在していることを意識し、企業としての戦略や人事制度などのルールを見直さないとデジタル化時代についていけないだろう」と指摘した。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら