東京大学先端科学技術研究センター(東大先端研)と日本マイクロソフトは2012年10月3日、人の動作を感知する入力デバイス「Kinect for Windows」を使い、重度の障害がある人たちを支援するシステム「OAK(オーク、Observation and Access with Kinect)」を開発したと発表した。

ここからは会員の登録が必要です。