NTTドコモは2011年12月21日、20日から発生しているspモードの不具合について謝罪するとともに、その経緯や原因について説明した。原因は20日に発生した関西の中継伝送路断に端を発したspモードシステムのユーザー管理サーバーの処理能力オーバーが原因。それにより、電話番号とIPアドレスの紐付けに不整合が生じたためである。

ここからは会員の登録が必要です。