日本公認会計士協会(JICPA)は2009年8月19日,IFRS(国際会計基準)関連の情報提供を目的とした「IFRSサイト」を開始した。最新情報から関連プロジェクトの進捗状況まで提供する。専門家向けの内容が大半だが,IFRSの最新状況の把握に役立ちそうだ。

 IFRSサイトはIFRS関連の最新情報に加えて,(1)IFRSや,IFRSを作成するIASB(国際会計基準審議会)に関する基礎知識,(2)IFRS,およびIFRIC(国際財務報告解釈指針委員会)による解釈指針の一覧,(3)討議資料や公開草案などコメント募集文書の一覧,(4)IASBが進めているプロジェクトの計画表,(5)コンバージェンス(収れん)に関する日本や諸外国の動向,(6)JICPAが提供する研修や講習会の案内や資料,などの情報を提供する。

 (2)や(3),(4)は表形式で最新の状況を示している。例えば,IFRS第1号である「国際財務報告基準の初度適用」は現在「改訂作業進行中」,「公正価値測定」は現在「公開草案」の状況にあり,コメント期限は「2009年9月28日」である,といったことが把握できる。IFRSは現在進行形の基準であり,関係者にとって最新状況の把握は必須と言える。同サイトの内容はその一助になるとみられる。