「軽く1000人は超えている」(iPhone販売スタッフ)。米アップルのiPhone 3G販売開始の8時間前となった7月10日の午後11時過ぎ,ソフトバンク表参道前の行列の人数はこの十数時間で一気に増えた(関連記事)。

 原宿駅前の交差点から渋谷駅方面へと線路沿いに伸び(写真1),最後尾はついに渋谷区神南1丁目の岸記念体育館付近まで達した(写真2)。行列の長さは800メートルにも及ぶ。スタッフによると,仕事帰りに列に並ぶ購入希望者が後を絶たず,瞬く間に列が伸びていっているという。

写真1●ソフトバンク表参道の行列は店舗を超え,歩道橋も乗り越え,渋谷方面へと伸びている。
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●7月10日午後11時現在の最後尾は,渋谷区神南1丁目の岸記念体育館前の交差点付近まで達した。
[画像のクリックで拡大表示]

写真3●ソフトバンク表参道店の改装も始まった。
[画像のクリックで拡大表示]
 iPhone 3Gの発売に向けてソフトバンク表参道店の改装も始まった。午後11時過ぎには店舗前をブルーシートで覆い,内装を変更している(写真3)。

 同店舗では,ほかのショップに先駆けて7月11日の午前7時にiPhone 3Gの販売を開始する。そのときを待つ人の熱気で,表参道は暑い夜を迎えている。