ネットエージェントは2008年1月23日、世界各国におけるファイル共有ソフトの利用状況を発表した。それによると、「Winny」および「Share」については日本を含む東アジア地域での利用割合が高かったが、それ以外の地域でも利用されていることが確認されたという。このことから、Winny/Share経由で流出した情報は世界中に拡散する可能性があるとして、同社では改めて注意を呼びかけている。

ここからは会員の登録が必要です。