NTTデータらITベンダー9社は9月18日、ユーザーとベンダーが合意しながら画面設計を進める手法「発注者ビューガイドライン(画面編)」を公開した。昨年4月に「実践的アプローチに基づく要求仕様の発注者ビュー検討会」を発足し、議論を重ねてきたものだ。特徴は、6社が持ち寄った24個の事例から導き出した、発注者と受注者の認識のズレを防ぐための130以上の「コツ」を記載したこと。このコツに従えば、ベンダーの説明不足やユーザーの理解不足で生じるズレを防ぐことができそうだ。

ここからは会員の登録が必要です。