富士通ビジネスシステム(FJB)は1月16日、中堅の上場企業を対象に日本版SOX法(J-SOX法)への対応を支援するASPサービスを2月から始めると発表した。対応に必要なノウハウやマニュアル、テンプレートをASP形式で配信ししながら、トレーニングや実施状況の評価・レビューをアドバイスすることで、手戻りを最小限に抑えられるという。

ここからは会員の登録が必要です。