最終日を迎えた2月3日のNET&COM2006では,基調講演にNTTデータ・代表取締役副社長 執行役員の山下徹氏が登壇。山下氏は日本経済団体連合会(経団連)・高度情報通信人材育成部の会長を務めている。経団連での議論を踏まえて「IT業界の競争力強化のために急がれる高度人材の育成」と題した講演を行い,「今こそ高度なIT人材の育成のあり方を見直さなければならない」と訴えた。

ここからは会員の登録が必要です。