リクルートでは、「状態空間モデル」という統計モデリング手法を使った「予測」により、事業利益を生み出している。こうしたビッグデータ分析により、広告宣伝費の投資配分の最適化などで大きな効果を上げている。
最近では、ソーシャルグラフ・レコメンデーションの活用も進んできた。

ここからは有料会員の登録が必要です。