ビッグデータの可視化により事業利益に貢献できる。
例えば、どの施策がユーザーのアクションに貢献したかを分析する「アトリビューション分析」や、複数のサイトを利用するユーザーに注目した「クロスユース分析」などだ。
可視化をリアルタイムに実現することで、コンバージョンを向上させ利益貢献する手法もある。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら