独エンタレストは、通信事業者の課金やローミングなどに伴うデータ処理を行うシステムを提供する企業だ。従来のソリューションには大きな課題があり、同社はそれを解決することで市場に受け入れられている、と主張する。同社の製品は、欧州の大手通信事業者を中心に採用が進んでいる。2008年にはソフトバンクモバイルにも導入され、日本国内の他の通信事業者にも採用されているという。CEOのアンドリュー・タン氏に話を聞いた。

(聞き手は高橋 健太郎=日経コミュニケーション)

ここからは会員の登録が必要です。