クラウドと同様、脚光を浴びている技術に「ビッグデータ」がある。分散ファイルシステムの「Red Hat Storage」はビッグデータによる「データ爆発」に対する効果的なソリューションとなると見られている。Red Hat Storageを含む、大容量ファイルシステムへの対応要求を満たすべく、RHEL 7ではデフォルトのファイルシステムをext4からXFSに変更し、ファイルシステムの最大サイズを16TBから500TBに拡大した。

ここからは会員の登録が必要です。