売上高500億円以上のITサービス企業(上場企業28社)の2013年度の業績を基に、前期と比較できる27社の売上高伸び率を比較した「成長性ランキング」を作成した(表1)。M&A(合併・買収)により事業規模を拡大した企業に加えて、独自のソリューションを持つ売上高で下位の企業が上位を占めた。

 大手では大塚商会が前期比9.5%増で8位にランクインした。一方、NTTデータや“3000億円倶楽部”の大手SIerでは、10位の伊藤忠テクノソリューションズの同8.4%増、13位の野村総合研究所の同6.1%増が目につく程度。買収や連結子会社化などを除く、“オーガニックな”成長性は低い。

表1●主なITサービス企業の成長性ランキング(売上高500億円以上の上場企業)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら