分析力を武器に、ネット分野でさまざまなサービスを展開するリクルート。その中核となるデータサイエンティストの採用、育成に積極的に取り組み、博士号を持つ「超高学歴」人材も登用している。リクルートコミュニケーションズ(東京・中央)の分析官2人の仕事ぶりに、『ビッグデータの衝撃』の著者で、データ分析に詳しい野村総合研究所の城田真琴上級研究員が迫った。

※   ※   ※

城田 お2人は前職の理化学研究所脳科学総合センターでもご一緒だったのですね。

 なぜデータサイエンティストというキャリアを選んだのですか。

尾崎隆氏●データサイエンティスト。ICTソリューション局アドテクノロジーサービス開発部テクノロジーサービス開発1グループに所属(並川氏も同じ)。 東京大学工学部計数工学科卒業、東京大学大学院新領域創成科学研究科で博士課程を修了後、2006年から2011年まで理化学研究所脳科学総合研究センターの研究員を務める。2012年6月にサイバーエージェント入社。2013年7月より現職
(写真撮影:村田 和聡)

尾崎 東大などの講師を経て、民間に移ろうと思ったのが2012年。マイクロソフトやグーグルなどが統計学の重要性に気付き始めていた時期で、分析人材の需要が高まっていました。

並川 僕は研究をしている間は「公的な機関で研究するなら“役に立たないこと”をやろう」と思っていました。大体やりきったのでそろそろ人の役に立ちたいなあと。尾崎さんと同じ時期に就職活動をしましたが、機械学習が分かる人材の募集はとても多かったですね。

城田 民間で就職するポスドクは増えていますか?

尾崎 情報系は増えていると思いますが、僕がいた医療系ではまだまだ少数派。実は僕自身も、就職活動を始める前は「こんな人間、採りたいところがあるのか」と思っていました。MRIなど医療機器を扱えることくらいしか取り柄がないと。

 実際には受け皿はあったわけですが、最初から民間に移るのは諦めている人も多いと思います。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら