前回はタッチの使用法を解説して、マウスのイベント処理と同様に扱えることを紹介しました。今回はタッチインタフェースの応用編と言うことで、タッチインタフェースの特性を活かしたジェスチャについて取り上げます。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!