2013年3月から4月にかけて開催された「第2回将棋電王戦」において、5種類の「コンピュータ将棋ソフト」と5人の現役プロ棋士が対戦、コンピュータ将棋が3勝1敗1引き分けで勝ち越し、話題になった。ここへ来て、コンピュータ将棋が人間に勝てるようになってきたのは、コンピュータの処理性能が向上したこと、それを活かした機械学習という手法が確立したからである。

ここからは会員の登録が必要です。