Windowsでプログラミングをするには、Windowsが持つAPI(Application Programming Interface)の知識が必要です。これまではWin32 APIと.NET Frameworkが中心でしたが、Windows 8では「Windows ストア アプリ」用のAPIが加わりました。この特集では新APIの全容を知り、Windows ストア アプリの画面作成に欠かせないAPIである「コモンXAMLコントロール」を実際に使ってみましょう。

目次


出典:日経ソフトウエア 2012年10月号 pp.40-59
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。