日本のデータセンター(DC)は首都圏に一極集中している。富士キメラ総研でDC市場を担当する第二研究開発部門の羽賀史人氏は「国内DCの70%が首都圏に立地する」と分析する。前々回でも紹介したように、巨大な新施設の開業も相次ぐ。

 一方で見逃せない新たな動きがある。首都圏以外の地方都市でも巨大施設の開業が続いているのだ(図1)。ユーザー企業にとっては、情報システムのDR(ディザスタリカバリー)などが、ますます容易になりそうだ。

図1●台頭する地方データセンター
首都圏以外の地域でも、5000平方メートルを越える施設の開業が相次いでいる
[画像のクリックで拡大表示]

北海道、四国、沖縄にも

 IDCフロンティアは2012年10月、福島県白河市に「白河DC」を開業した。600ラックを格納できるDC棟が1棟あり、最大6棟が建設可能。2013年9月末までに2号棟を追加する。2012年4月には日本ユニシスが福井県小浜市に「小浜DC」を開業した。200ラックを格納できるDC棟が1棟あり、最大5棟まで拡張できる。

 2011年11月には、さくらインターネットが北海道石狩市に「石狩DC」を開業している。500ラックを格納できるDC棟が2棟あり、現在、3号棟と4号棟の建設を検討している。2011年にはほかにも、北陸電力とインテックが共同出資するパワー・アンド・ITが延べ床面積6300平方メートルの施設を富山市に開業したほか、関西電力子会社の関電システムソリューションズが大阪市にサーバールーム面積が4100平方メートルの施設を開業した。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら