スマートフォンやタブレット端末といったスマートデバイスのプラットフォーム(OS)は現在、米アップルの「iOS」と米グーグルの「Android」が大半を占める“2強体制”にある。どちらも押さえておく必要があるが、iOSとAndroidでは備える機能やインタフェースなど異なる点が数多くある。

 そこで今回は、MDMの視点からiOSとAndroidの違いを理解しよう。覚えておいてほしいのは、(1)端末を管理するためのAPI(以下、端末管理用API)、(2)OSのバージョンアップ方法、(3)端末の暗号化──である。

進化するiOSの端末管理用API

 リモートロックやリモートワイプといったMDMの基本的な操作は、OSが備える端末管理用APIを利用して実行する。管理用APIはOSがバージョンアップされるたびに、機能追加などの強化が図られてきた。これがMDMの進化を支えている。ここではiOS、Android OSの順に端末管理用APIの生い立ちを追っていこう(図1)。

図1●進化するスマートデバイスの端末管理用API
MDMのツール/サービスはスマートデバイスのOSが標準で備える端末管理用APIを使って遠隔操作を実現する。iOSが先行し、Android OSが追従する構図で機能が強化されつつある。
[画像のクリックで拡大表示]

 iOSでMDMという言葉が使われるようになったのは、2010年6月発表のバージョン4.0(iOS 4.0)以降である。ただiOSの場合、それ以前から端末を管理するための仕組みは用意されていた。「iPhoneを探す」と「構成プロファイル」である。

 「iPhoneを探す」を使うと、リモートロックやリモートワイプ、端末の位置情報の取得が実行できる。構成プロファイルを使えば、パスワードルールの設定といったセキュリティポリシーをiOS端末に適用することが可能だ。iOS 4.0以降は、これらの機能が端末管理用APIとして整備され、それを利用するMDMツール/サービスが各社から登場したことで、iPhoneやiPadの企業利用が一気に加速した。専用のクライアントソフトが不要なこともこれを後押しした。

 2011年6月発表のiOS 5.0では、新たな端末管理用APIとして、iOS端末にアプリケーションのインストールを促す機能が用意された。これを使うことで、利用者のiPhoneやiPadに対して、自社で開発したアプリケーションや、公式マーケット「App Store」にあるアプリケーションのインストールを促すポップアップ画面を表示させることが可能になった。

 これはMDMの活用範囲の拡大につながった。iOS 4.0以前のMDMといえば、リモートロック/ワイプや、パスワードの初期化といったセキュリティに関する管理が中心だった。iOS 5.0以降は業務に必要なアプリケーションの管理についてもMDMで対応できるようになったわけだ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら