ビジネスやサービスにゲームの要素を組み込む「ゲーミフィケーション」の入門書。著者は、営業や節電、禁煙などあらゆる社会活動は「『ゲーム』を使えば楽しく、ある程度まで継続的に取り組むことを可能にしてくれる」と説く。

 バラク・オバマ米大統領の選挙戦術から、東京ディズニーリゾートのアルバイト評価制度まで豊富な事例を示し、概念を分かりやすく説明している。著者はコンピュータゲームの研究者。類書は数多いが、本書はゲーム設計に関する深い考察が特徴だ。「挑戦感覚の作り方」「フィードバックの演出」などゲームで遊んだことがある人ならピンと来る手法を、設計側の目線で解説しているのが興味深い。

ゲーミフィケーション

ゲーミフィケーション
井上 明人著
NHK出版発行
1470円(税込)

出典:日経情報ストラテジー 2012年4月号 p.109
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。