HTMLにセマンティックを記述する「HTML Microdata」

図1●W3Cで公開しているHTML MicrodataのDraft
[画像のクリックで拡大表示]

 HTML Flow elementsによって情報記述の区画を表現できるようになりました。HTML5ではそれ以外にも、HTML文書にセマンティック記述を持ち込むためのさらに積極的な仕様が追加されています。それがHTML Microdataです(図1)。これは、今まで記述されてきたHTML文書の要素構造に対して、セマンティックの記述を埋め込められるようにしようというものです。

 具体的には、以下のような追加属性が定義されています。

  • itemscope:ある情報単位(=アイテム、Open Graph Protocolでのオブジェクト)の開始を宣言する。
  • itemtype:あるアイテムの種別を定義する。
  • itemprop:あるアイテムの項目を定義する。
  • itemref:あるアイテムに関連する(DOM構造として直接関係のない)他の要素を参照する。

 特徴的なのは、これらの属性を「任意の要素に持たせることが可能」という点です。既存のHTMLの要素セットと各要素が持つ値を壊さずに、うまくセマンティックを記述することができるようになっています。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら