今やパソコンに必須のセキュリティソフト。あなたはどの製品をお使いだろうか。もしかしたら「選択肢があまり多くない」と思っているかもしれない。ところが実際は、選択肢が少ないどころか、日本では20を優に超えるベンダーのセキュリティソフトが購入できる。

 各製品の“産地”を調べてみると、世界各国に散らばっている。米国産が最多というのは想像が付くかもしれないが、日本産はロシアやドイツ、チェコ、中国と同数しかないといった意外な事実も浮かび上がる。各社の製品の特徴も様々だ。知名度があまり高くない“知られざる”ベンダーが強力な、もしくはユニークな機能を持つ製品を出していることがある。この特集は、現在日本で入手できるセキュリティソフトが一堂に会するというもの。名付けて「セキュリティソフト万博」である。

目次



出典:日経NETWORK 2011年10月号 pp.53-61
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。