サイバー犯罪にかかわる報道が後を絶たない。ソニーや三菱重工など名だたる企業が被害を公表した。背景には、犯罪者の狙いや攻撃手法の変化がある。被害者が攻撃を受けていることを気づきづらく、従来の対策では守りきれない攻撃が台頭してきた。企業に対しては産業スパイまがいの行為、政府機関には戦争やテロとも呼べる攻撃すら起きている。セキュリティの常識を見直すときに来ている。

ここからは会員の登録が必要です。