せっかく作成したアプリは、Androidマーケットで世界に配信してみたいものだ。しかし、Androidマーケットに公開するには、App Inventorから生成したアプリケーションファイルでは公開できず、変換作業が必要だ。今回は、変換ツールを使い簡単にAndroidマーケットに公開するためのアプリファイルを作成する方法を紹介する。

使用するツール:App to Market (作者:M.Hossein Amerkashiさん)

動作環境はWindowsのみとなる。

 Androidマーケットに公開するためには、「デコンパイル」->「AndroidManifest.xmlの修正」->「署名付加作業」->「最適化」という作業が必要だ。

 通常これらの作業はコマンドプロンプトからコマンド入力で行う。慣れていないと難しい操作だが、このApp to Marketを使用すれば、画面を見てボタンを押すだけで変換できる。

(1)本体のダウンロード・起動

作者のページの下部にある

 「Verision ** can be downloaded by CLICKING HERE」の「CLICKING HERE」を押す。

 ダウンロードしたZIPファイルを解凍し、任意の場所に置く。

 そして、AppInventorで生成されたapkファイルをmyApksフォルダ内に置く。

[画像のクリックで拡大表示]

 解凍したフォルダからAppToMarket.jarを起動する。

[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら