米国ではオバマ大統領のヘルスケア新政策が論議を呼んでいる。米国の医療コストはもともと高く,現在でもGDPの13%が医療費に支出されている(日本は9%)。日本ほどではないにしても,米国では「シルバー・ツナミ」とも呼ばれるベビーブーマー世代の高齢化により,今後ますます医療費が増大すると予測されており,事態は深刻だ。

ここからは会員の登録が必要です。