続いては、「ベンダー系」資格の営業効果ランキングだ(表2)。52種類あるベンダー系の上位20資格を掲載した。

表2●営業効果の高い上位20資格(ベンダー系)
営業効果は「効果あり」の回答比率から「効果なし」の比率を引いて算出した
[画像のクリックで拡大表示]

 1位は前回と変わらず、日本オラクルのデータベース分野の最上位資格「ORACLE MASTER Platinum:データベース」である。首位を堅持したものの、営業効果のスコアは78点で、前回に比べ4減った。

 ORACLE MASTER Platinum:データベースに近づいているのが、2位の「シスコ技術者認定資格プロフェッショナル」だ。前回の4位から順位を上げた。

 1位とのポイント差は5。前回の調査では1位と2位の差が15だったのに比べ、その差が一気に縮まった格好である。

 3位には、前回2位の「シスコ技術者認定資格エキスパート」が付けている。さらに、「シスコ技術者認定資格アソシエイト」(前回6位)が5位に入った。シスコ関連で三つの資格がトップ5入りしたことになる。

 マイクロソフト関連では、「マイクロソフト認定システムエンジニア」や「同 ソリューションデベロッパー」など上位20に9資格が入った。前回は10資格だった。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!