二つ目のマネジメント・プロセスに関するパターンについては,「構成管理(Software Configuration Management)パターン」と「導入(Introduce)パターン」の二つがある。前者はソースコードのバージョンや構成をどのように管理するかについて示したパターン。後者は,組織内に新たな概念(アイデアや技術など)を導入する際のパターンである。

 構成管理パターンは,Stephen P. Berczuk氏とBrad Appleton氏が「Software Configuration Management Patterns: Effective Teamwork, Practical Integration」という本にまとめたパターンである。邦題は「パターンによるソフトウェア構成管理」(翔泳社刊)。

 構成管理パターンは,ソースコードのファイル(ソース・ファイル)の集まりである「コードライン」をどのように管理するかについて,全部で16種類のパターンを定義している(表1)。例えば,コードラインをどうやって最新の状態に保ち,矛盾がないように変更を加えるのかを示したプライベート・ワークスペース(Private Workspace)パターンや,適切なコンポーネントの適切なバージョンを取得し,新しいワークスペース(成果物を置いておく場所)をどうやって作るかを示したリポジトリ(Repository)パターン――などがある。

表1●構成管理パターン(Software Configuration Management Patterns)の概要
ソースコードのファイル(ソース・ファイル)の集まりであるコードラインをどのように管理すべきかについて16種類のパターンを定義している。構成管理の観点から,単体テストや回帰テストといったテストに関するパターンも示している
[画像のクリックで拡大表示]
表1●構成管理パターン(Software Configuration Management Patterns)の概要

 代表的な構成管理パターンの一つであるメインライン(Main Line)パターンは,コードラインのソース・ファイルを修正したときの「ブランチ」と,修正したソース・ファイルを再びコードラインに戻すときの「マージ」にかかる作業をどうやって減らすかという問題をとらえたものだ。解決策は,コードラインの本流となる「メインライン」を決定し,ソース・ファイルを修正したら,必ず修正した部分をメインラインに戻す(マージする)こととしている。つまり,ブランチのコードラインに修正を加え続けることを避けるわけだ。そうしなければ,ブランチがいくつも出来上がり(ブランチの段構造),コードラインを適切に管理できなくなる(図1)。

図1●構成管理パターンの「メインライン」の例
図1●構成管理パターンの「メインライン」の例
ソース・ファイルを修正したら必ず,コードラインの本流となる「メインライン」に戻すようにする。ブランチのソース・ファイルに続けて修正を加えると,ブランチがいくつも出来上がり,適切に管理できなくなる
[画像のクリックで拡大表示]

「チームの組織力を高める」

 もう一つの「導入パターン」は,これまで説明したような技術的なパターンではない。広くビジネス分野を対象とする汎用性の高いパターンだ。ただ,IT業界でも「チームの組織力を高めるための技術として,ソフトウエア開発にも十分に効果がある」(富士通研究所 ITコア研究所 主管研究員の山本里枝子氏)と,その有効性を強調する声は多い。

 導入パターンには,全部で48種類のパターンがある。詳しくは,Linda Rising氏とMary Lynn Manns氏が2004年に著した「Fearless Change:Patterns for Introducing New Ideas」という本で紹介されている(翻訳版は出版されていない)。

 導入パターンで定義するパターンは,どれもユニークなものばかりだ。例えば,イベントに関するパターンとしては,Big JoltパターンやDo Foodパターンなど7種類のパターンがある。Big Joltパターンは「変化への取り組みをより目に見えるようにするために,著名人を組織に招いて講演してもらう」というパターン。Do Foodパターンは「食べ物を用意することで,月並みな集まりを特別なイベントにする」というパターンだ。開発プロジェクト,あるいは運用フェーズにおける様々なイベントや会議の活性化に参考になるパターンと言える。

 また,アイデアを視覚化し続けるパターンとしては,e-ForumパターンやTokenパターンなど6種類のパターンがある。e-Forumパターンは,「もっと新しいアイデアを知りたい人のために,電子掲示板やメーリングリスト,Webサイトを用意する」というパターン。Tokenパターンでは「新しいアイデアが人々の記憶に残るように,紹介したいトピックと結びつく記念品を手渡す」という一風変わった解決策を示している。

 このほかにも,導入パターンの適用分野は多岐にわたる。例えば,役割に関するパターンや懐疑論者を扱うパターン,他者を転向させるパターン,教えたり学んだりするパターン,初期段階の活動に関するパターン,仕上げの段階の活動に関するパターン,長時間にわたる活動に関するパターン――などがある。

出典:日経SYSTEMS 2006年11月号 137ページより
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。