今回から始まった「Windows談話室」は,企業ユーザーがWindowsを使う上で,知っているとちょっと役に立つ「Windowsの豆知識」をお届けするコーナーである。第1回のテーマは,「Windows VistaをWindows XPにダウングレードする『正しい』やり方」だ。

Windows担当デスク(以下デスク):Windows XPを搭載するパソコンの販売が,2008年1月31日で事実上終了するらしいね(関連記事:マイクロソフト,Windows XPの正規OEMライセンス提供を2008年1月末に終了 )。でも,来年以降もWindows XPパソコンがほしい企業ユーザーは多いだろう。そんな企業は,今年のうちにWindows XPパソコンを買い溜めておいた方がいいのかい?

Windows担当記者(以下記者):そういうわけではありません。マイクロソフトは企業向けの「Windows Vista Business」と,消費者向けの最上位版である「Windows Vista Ultimate」で「OSのダウングレード」を認めています。つまり,Windows Vista Business搭載パソコンを買えば,別途OSのライセンスを買いなおさなくても,パソコンのOSをWindows XPにダウングレード(変更)して使用できるのです。

デスク:つまり,来年以降もWindows Vista Businessを搭載するパソコンを買えば,Windows XPパソコンとして使用できる,ということだな。でも待てよ。OSをダウングレードすると言ったって,「何かコマンドを入力すると,Windows VistaがWindows XPに化ける」わけじゃないのだろう?「OSをダウングレードする」って,実際にはどうすればいいんだ?

記者:手持ちのWindows XPの「インストールCD」を使って,Windows VistaパソコンにWindows XPを再インストールすることになります。通常,OSの「インストールCD」を使ってインストールできるのは,1台のパソコンに対してだけです。しかし,すでにWindows Vista Businessがインストールされているパソコンに対してであれば,1枚のインストールCDを使って,何台でもWindows XPをインストールして良いのです。

 このような「再インストール」は,ライセンス上も正当な行為です。マイクロソフトでは,パッケージ版とボリューム・ライセンス版のインストール・メディアで,再インストールを認めています。ただし,Windows XPパソコンに添付されているOSのインストールCD(OEMメディア)や,パソコン・パーツ店などで購入した「DSP版」のインストールCDでは,複数台への再インストールは認められていません。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら