2007年3月,総務省は「情報システムに係る政府調達の基本指針」を策定した。分離調達原則やあいまいな契約の排除など踏み込んだ記述がなされており,意図通り実行されれば政府の情報システムのコスト削減や有効性に大きな影響をもたらすものと思われるが,今回は,デスクトップ・アプリケーション,特にオフィス・ソフトへの影響について考えてみたい。

ここからは会員の登録が必要です。