木村 真幸(きむら まさゆき)

 株式会社DTS ネットワーク事業本部 プロジェクトマネージャ。Javaを中心にフレームワーク開発や開発プロセス定義など幅広く活躍中。StrutsIDEコミッタ。著書「まるごとEclipse! Vol.1」(発行:インプレスコミュニケーションズ)。

 今回は,Java技術者が手軽にAjax開発を行うためのフレームワークとして「DWR(Direct Web Remoting)」を取り上げます。Webアプリケーション開発では,いろいろなフレームワークを利用することが一般的ですが,その組み合わせは多岐にわたります。そうした組み合わせの特徴を損なうことなく,すぐに対応できるDWRの手軽さ,すごさを説明するとともに,Spring,Seasar,Struts,JSF,Hibernateといったフレームワークと連携する開発方法も解説します。

DWRとは?

 DWRは,AjaxアプリケーションをJavaで開発するためのJavaScript-Java連携用フレームワークです。

 Ajax独特の複雑なJavaScriptを必要とせず,JavaScript内で「クラス名.メソッド名」と記述することによって,Javaの該当メソッドを透過的に呼び出すことが出来ます(図1)。Java技術者にとって,これほどわかりやすい記述は他には無いでしょう。

図1●DWRの利用イメージ
図1●DWRの利用イメージ

 DWRは,わかりやすいことに加えて,様々なフレームワークとの連携が容易であるため,スクラッチでJavaScriptを大量にコーディングしたり,GWT(Google Web Toolkit)のようにガチガチにフレームワークに縛られることに抵抗感を覚えるJava技術者にとって,最適なフレームワークといえるでしょう。

 アーキテクチャ(図2)もシンプルでわかりやすく,サポート範囲をサーバー側のリモート・オブジェクト(POJO)の呼び出しに特化しているため,特定クラスの継承などは必要とされません。このため,SpringやStrutsといったフレームワークと組み合わせて利用することが可能となっています。

図2●DWRの全体像
図2●DWRの全体像

 なお,本稿でとりあげるDWRは,安定バージョンの1.1.4ではなく,執筆時点(2007/4/10)での最新バージョンである2.0RC3です。

DWRの特徴

 DWRは,前述したJavaの透過的な呼び出し以外にもいくつか特徴があります。順に説明します。

◆リバースAjax

 DWR 1.xバージョンでは,JavaScript(クライアント)からJava(サーバー)を非同期に呼び出せるだけでしたが,DWR 2.0からは,Java(サーバー)からJavaScript(クライアント)を非同期に呼び出す,サーバープッシュの機能が実現されています。

 表1に挙げた三つの通信方式(Comet,Polling,Piggyback)があり,どの方式を採用するかはDWRが自動的に判断して利用する仕組みになっています。

表1●DWRが備える三つの通信方式
通信方式 説明 帯域消費 速度
Comet 長期間接続をはりっぱなしにする方式
Polling 定期的に通信を発生させる方式
Piggyback 他の通信時にデータを相乗りさせる方式

 リバースAjaxの機能は,DWRが提供しているチャット・アプリケーションに用いられています。筆者の開発経験では,チャット以外にも,ログインしているユーザーへの業務閉塞の事前通知や,承認フローのリアルタイム通知などで利用できると考えています。

 業務アプリケーション開発では,ユーザー要望により,サーバー側からのWebブラウザへの呼び出し機能(サーバープッシュ)が必要となることが思いのほか多くあります。

 筆者も過去に,擬似的にサーバープッシュを実現するため,metaタグのrefreshの利用や画面上に見えないフレームを作成し,JavaScriptを埋め込んで定期的にサーバー側にリクエストを送信するコードを書いた経験があります。DWRを利用すれば,こうした工夫をすることなく,リバースAjaxにより簡単にサーバープッシュを実現できます。この機能だけでもDWRを採用する価値があると感じています。

◆他のフレームワークとの連携

 Webアプリケーションでは,Spring,Struts,JSFといったフレームワークを用いることが一般的です。DWRは,Spring,Struts,WebWork,JSF,Hibernate,Beehive,EJB3との連携機能をあらかじめ用意しています。

 特にDWR 2.0では,DWRの定義ファイルをSpringのBean定義ファイル内に記述できるようになっているなど,Spring 2.0との連携強化が行われています。

 DWRは依存性の低いフレームワークなので,上記のフレームワーク以外との連携も容易です。多少の拡張により,国内で人気のSeasar2と連携させることも可能です。主要なフレームワークとの連携方法を後述するので,お使いのフレームワークに連携させてみてはいかがでしょうか。

◆テストの容易性

 リスト1は,DWRを利用するための標準的なweb.xmlです。リスト1(1)でDWRから提供されているサーブレットのデバッグ・モードを有効化しています。デバッグ・モードが有効な状態でWebブラウザから「http://コンテキストルート/dwr/」にアクセスすると,図3の画面が表示されます。


<web-app>
  <servlet>
    <servlet-name>dwr-invoker</servlet-name>
    <display-name>DWR Servlet</display-name>
    <description>Direct Web Remoter Servlet</description>
    <servlet-class>org.directwebremoting.servlet.DwrServlet
      </servlet-class>
    <init-param>
      <!-- (1)デバッグモードの有効化 -->
      <param-name>debug</param-name>
      <param-value>true</param-value>
    </init-param>
    <load-on-startup>1</load-on-startup>
  </servlet>
  <servlet-mapping>
    <servlet-name>dwr-invoker</servlet-name>
    <url-pattern>/dwr/*</url-pattern>
  </servlet-mapping>
</web-app>
リスト1●DWRを利用するweb.xml

図3●sayHelloの引数に“DWR2.0”を入力して実行した画面
図3●sayHelloの引数に“DWR2.0”を入力して実行した画面
[画像のクリックで拡大表示]

◆セキュリティ

 図3の画面では,DWRが利用可能なオブジェクト,メソッドを一覧表示しています。しかも,それらをWebブラウザ上で操作することができ,簡単にメソッドレベルのテストが可能になっています。

 セキュリティ強化もDWR 2.0からの特徴です。Ajaxでは懸念事項になりやすいXSS(クロスサイト・スクリプティング),CSRF(クロスサイト・リクエスト・フォージェリ)の攻撃を抑えやすい構造になっています。

(XSS,CSRFの説明についてはIPAのドキュメントを参照)

 セキュリティのため,リバースAjaxなどの一部機能はデフォルトでは利用できない設定になっており,利用する場合は明示的にweb.xmで設定を行う必要があります。

◆豊富なスコープ

 リモートオブジェクトを格納するスコープとして,request,session,application,pageといったスタンダードなものを扱えるほか,DWR 2.0からはAjaxで重宝するScriptスコープをサポートしています。Scriptスコープを指定されたオブジェクトは,ページを表示している(JavaScriptの変数が生きている)間,生存し続けます。

 AjaxでのScriptスコープの典型的な利用例は,Webブラウザの戻るボタン制御でしょう。実装方法はいろいろありますが,その一例として本連載第1回で紹介したGWTのヒストリ管理機能の実装コードが参考になります。

◆マルチブラウザ対応

 JavaScriptはWebブラウザによって方言があり,これがAjax開発では大きな妨げとなります。

 DWRがライブラリとして提供するJavaScriptや動的に生成するJavaScriptは,Internet Explorer(IE),FireFox,Opera,Safari,Konquerorなど複数のブラウザに対応しています。対応状況の詳細は,DWRのオンライン・ドキュメント「Browser Support」を参照してください。

◆アノテーションのサポート

 DWRは,アノテーションをサポートしており,dwr.xmlに設定する内容をJavaコードに埋め込むことも可能になっています。簡単なCreator,Convertorの利用程度であれば,XMLに記述するより,手早くアプリケーションを作成することができます。

◆豊富なドキュメント

 DWRのオンライン・ドキュメントは実に充実しています。DWRの大半の機能を網羅しており,開発時に情報不足で困るようなことは少ないでしょう。

 また,英語を中心に中国語など(残念なことに日本語を除く)多くの言語で翻訳されています。本格的にDWRを利用する場合は一読しておくことをお勧めします。

ここからは会員の登録が必要です。