揺れ動く携帯電話の販売奨励金

総務省や携帯電話事業者など,業界全体が販売奨励金を巡ってビジネスモデルの変革に動き始めた。通信料金の値下げが期待できる一方,端末価格の大幅な上昇が起こる可能性もある。企業ユーザーも,携帯電話の導入計画を見直す必要に迫られるかもしれない。

公開中 動き出した総務省,噴出する販売奨励金廃止論
公開中 「本音ではやめたい」,知られざる事業者の裏側
公開中 ソフトバンク「月980円」プランのカラクリ
公開中 日本だけ特殊? 海外における販売奨励金の実態
公開中 「1円」端末は本当に無くなるのか?

販売奨励金関連解説

auの新しい端末販売体系を検証する
SIMロックや販売奨励金の廃止は日本の端末メーカーにトドメを刺す?
新生ソフトバンクモバイルの全貌:携帯電話の聖域「販売奨励金」に挑戦
MVNO解禁の衝撃:禁断の販売奨励金とSIMロックにもメス
携帯電話のビジネスモデルを見直しへ,端末とサービスの会計分離などを推進
構造改革できない官僚の限界,携帯産業に公正な競争環境を!
韓国の携帯メーカーが世界で躍進できた理由

出典:日経コミュニケーション 2007年2月15日号
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。