偽装請負を無くすためには,2つの方向性が考えられます。1つは,前回説明した厚生労働省の「労働者派遣事業と請負により行われる事業との区分に関する基準」に従い,実質的に請負であることを徹底することです。もう1つは,実態に合わせて請負契約を止め,派遣契約に切り替えるという方向です。

ここからは会員の登録が必要です。