プログラム言語を作る!


 プログラム言語は使うだけの道具ではありません。アイデアとやる気があれば,自分にとって一番使いやすいオリジナルの言語を作ることだってできるのです。言語処理系の実装には,ソフトウエア開発の様々な技術やノウハウがぎっしり詰まっています。何より,とてもクリエイティブで楽しい作業です。プログラムはどのようにして解析/実行されるのかといった言語処理の中身を知るだけでも,普段のプログラミングに大きなプラスになります。
 誰かが作った言語をただ使うだけの日常からちょっと離れ,言語処理の世界を探検してみましょう!

Part1  誰でも作れるプログラム言語
必要なのはアイデアとやる気とほんの少しの知識!
Part2  オリジナル言語開発のヒント
「ひまわり」「なでしこ」の作者が語る
Part3  超小型Basicインタプリタを作ってみよう
簡単!楽しい!トイ言語処理係の製作
Part4  Javaで作るオリジナル言語
やさしいLispインタプリタの作り方
出典:日経ソフトウエア 2005年10月号
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。