前回は,偽装請負について「形式的には請負を装っているが,その実質がないもの」と説明しました。具体的にどのような場合が実質的に請負となり,偽装請負と違うと判断されるのでしょうか。今回は厚生労働省の「労働者派遣事業と請負により行われる事業との区分に関する基準」に基づいて,請負と見なされるための要件を改めて整理してみましょう。

ここからは会員の登録が必要です。