閉じる

1週間で学ぶIT基礎の基礎

ITpro

目次

  • Windowsユーザーのためのワンポイント・レッスン 第74回

     本連載も今回で最終回を迎えます。今回は,無料化された「Visual C++ 2005 Express Edition(VCEE)」関連のニュース・グループを例に挙げ,ニュース・グループに参加する魅力を紹介したいと思います。

  • Windowsユーザーのためのワンポイント・レッスン 第73回

    コードの再利用とセキュリティ

     本連載も70回を超え,次回が最終回となります。そこで今回と次回の2回にわたり,これまでの連載で取り上げてきた内容を簡単に振り返ってみることにします。今回は,「コードの再利用とセキュリティ」という視点から振り返ります。

  • Windowsユーザーのためのワンポイント・レッスン 第72回

    無料の開発環境「Visual C++ 2005 Express Edition」を使ってみよう

     米Microsoftは、1年という期限付きながら、開発ツールの一部を無料で提供することにしました。今回は、Visual C++ 2005 Express Edition(VCEE)と呼ばれる無料開発ツールを取り上げ、ぜひマスターしてもらいたい、いくつかの機能を紹介いたします。無料で提供されるツール…

  • Windowsユーザーのためのワンポイント・レッスン 第71回

    Webページを表示前に分析する

     前回は,インターネット・トラフィック分析ツールFiddlerの機能拡張を解説しました。今回は,HTTP要求を出す直前とHTTP応答を受信した直後に閲覧動作を停止し,Webサーバーとブラウザ間で交換されるメッセージを分析する機能を紹介します。この機能を使うと,訪問先のWebページを表示前に分析できま…

  • 腕試し! SEのための会計知識

     会計に関する基礎的なクイズをご用意しました。以下の問題10問(100点満点)に答えると、すぐに採点結果と正解に関する詳しい解説が表示されます。5分もあれば一通りチェックできます。ぜひ、チャレンジしてください。

  • Windowsユーザーのためのワンポイント・レッスン 第70回

    Fiddlerの機能を拡張する

     前回は,米Microsoftが無料で一般公開しているインターネット・トラフィック監視ツール「Fiddler」の「なりすまし」機能を紹介しました。今回は,Fiddlerの機能拡張について解説します。

  • Windowsユーザーのためのワンポイント・レッスン 第69回

    Fiddlerの「なりすまし」機能を使う

     前回は,米Microsoftが無料で一般公開しているインターネット・トラフィック監視ツール「Fiddler」の機能概要を紹介しました。今回は,Fiddlerの「なりすまし」機能を使ってみましょう。

  • Windowsユーザーのためのワンポイント・レッスン 第68回

    トラフィック監視ツール「Fiddler」を使う

     今回は,米Microsoftが無料で公開しているインターネットのトラフィック監視ツール「Fiddler」を使用し,インターネット・コンテンツを閲覧する際にやり取りされている情報を監視します。このツールは,Microsoft社のInternet Explorer(IE)チームが開発したもので,IEの…

  • Windowsユーザーのためのワンポイント・レッスン 第67回

    Microsoft製スパイウエア対策ソフトの最新バージョンを使う

     米Microsoftは2005年7月18日,スパイウエア対策ソフトの最新バージョンを公開しました。そこで今回は,最新版の改良点や特徴などを検討してみることにします。

  • Windowsユーザーのためのワンポイント・レッスン 第66回

    Visual C++ 2005 Express(ベータ2)を使ってみる

     今回は,米Microsoftの次期統合開発環境であるVisual C++ 2005 Express(ベータ2)を紹介します。プログラミング言語であるC++は,Bjarne Stroustrup氏が設計した国際標準プログラミング言語です。Microsoft社はこちらのページで,国際標準仕様への準拠を…

  • 矢沢流 これで納得!オブジェクト指向入門 第3回(下)

     ここから,ちょっとだけ新しい概念が登場します。オブジェクトの状態変化を表す「ステート・チャート図」です。ステート(state)とは「状態」という意味です。オブジェクトの状態変化とは何でしょう? オブジェクトが持つ変数の値が変化することです。そもそも,プログラムとは関数(命令)と変数(データ)の集合…

  • コンピュータの仕組み 第5回

    BIOS,OS,アプリケーション

     あらゆるプログラムは,コンピュータの持つプロセサが解釈し,実行します。PCの場合,役割に応じてプログラムの種類をBIOS,OS,アプリケーションなどに分類することができます。これらのプログラムの特徴と役割を説明しましょう。

  • コンピュータの仕組み 第4回

    マシン語とアセンブラ

     皆さんは,アルゴリズム,データ構造,構造化,オブジェクト指向といった言葉を聞いたことがあるでしょうか。これらの言葉を聞いて,プログラムを難しいものと思ってしまう人もいるかもしれません。しかしコンピュータは,入力,演算,出力しかできず,すべての情報を数値で取り扱うことしかできないのです。そんな単純な…

  • 矢沢流 これで納得!オブジェクト指向入門 第3回(上)

     この短期集中連載も,今回で最終回となります。これまでに皆さんがマスターしてきたのは,OOP(Object Oriented Programming=オブジェクト指向プログラミング)の基本中の基本である「クラス」と,クラスを対象とした便利な機能である「OOPの三本柱(継承,カプセル化,多態性)」です…

  • コンピュータの仕組み第3回

    符号化

     第1回,第2回の連載を読んで「コンピュータのハードウエアは,ディジタルICで構成されていて,情報を2進数で取り扱っている」ことを理解していただいた皆さんなら, 「コンピュータがすべての情報を数値として取り扱っている」ということも納得していただけるでしょう。コンピュータが取り扱う情報とは,コンピュー…

  • 矢沢流 これで納得!オブジェクト指向入門 第2回(下)

     「カプセル化(encapsulation,エンカプセレ-ション)」とは,クラスのメンバーの中で,クラスを使う人に見せる必要のないものを隠すことです。「ブラックボックス化」だと考えてもよいでしょう。現実世界の物(オブジェクト)でも,カプセル化が行われています。例えば,携帯電話です。携帯電話を使う人に…

  • 矢沢流 これで納得!オブジェクト指向入門 第2回(上)

     クラス!クラス!クラス! 前回の連載では,クラスがOOP(Object Oriented Programming,オブジェクト指向プログラミング)の基本であることを説明しました。クラスとは,関数と変数を一つのグループにまとめて名前を付けたものです。クラスによってOOPが実現されます。JavaやC#…

  • コンピュータの仕組み 第2回

    2進数の世界

     コンピュータの内部では,すべての情報(命令とデータ)が2進数の数値で取り扱われています。2進数とは,0と1だけを使って数値を表す方法です。人間の世界では0~9を使った10進数が使われますが,コンピュータの世界は2進数なのです。その理由を説明しましょう。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

経営

クラウド

運用管理

ネットワーク/通信サービス

もっと見る