資料の紹介

 クラウドが普及する中で、オンプレミスのメール環境から「Office 365」に切り替える企業が増えてきた。『ビジネスソリューションに強いマイクロソフト社のサービスなら安心』と導入したものの、実はメールセキュリティの観点で見ると、標準機能だけでは対応しきれない点もある。

 例えば、日本でニーズの高い「添付ファイルの自動暗号化」や「送信の一時保留」は標準機能では対応していない。また、アーカイブ機能もEnterprise Edition(E3/E4プラン)でなければ利用できない。本資料は、こうしたOffice 365導入時に知っておきたいメールセキュリティにまつわる“6つの落とし穴”を解説する。

 落とし穴の1つには「社員同士のメールのアーカイブ問題」がある。通常Office 365と外部メールアーカイブサービスを連携させた場合、その仕様上、社員同士のメールについてはアーカイブできなかった。これを知らずに導入した場合、コンプライアンス対応などで問題となる場面も多いだろう。

 こうした課題にどのように対応すべきか? Office 365を導入済み、または導入を検討している企業は一度目を通しておいて損はないだろう。