閉じる

インタビュー

  • 技術者塾 INTERVIEW

    AIの理解なくして産業の進歩なし

    スタージェン会長 鎌谷直之氏

     企業が人工知能(Artificial Intelligence:AI)を取り入れる動きが高まっている。一方で、事業にどのようにAIを活用し、結びつけていけばよいのか頭を悩ませている日本企業も多い。「技術者塾特別編:技術の宝探し」で「AIを上手に活用して成功を勝ち取る事業戦略の立て方」の講座を持つ、…

  • 挑戦者

    フラウンホーファーILT所長にして教授、故に産学連携の核に

    ラインハート・ポプラーヴェ(フラウンホーファー研究機構 ILT所長/アーヘン工科大学 教授)

     欧州最大の応用研究機関であるフラウンホーファー研究機構。同機構レーザー技術研究所所長のラインハート・ポプラーヴェ氏は同時にアーヘン工科大学の教授として学生を教える立場でもある。研究所でレーザー研究の最先端に居続けながら、民間企業の視点を理解し、産学連携を推進する核となっている。独特の産学連携手法と…

  • インタビュー

    AIが再び冬の時代を迎えるのを回避、統計ソフト老舗のSAS幹部が提言

    米SAS Institute COO 兼 CTO オリバー・シャーベンバーガー氏

     データ分析ソフトの老舗である、米SAS InstituteのCOO(最高執行責任者)兼CTO(最高技術責任者)であるオリバー・シャーベンバーガー氏は「AI(人工知能)が再び『冬の時代』を迎えるのは何としてでも避けたい」と、熱狂するAIが一時的なブームに終わることを危惧する。

  • 週末スペシャル

    Netflixのレコメンドは行動を分析、性別や年齢は対象外

    オリジナル作品の強さの秘密

     世界190カ国以上で1億2500万人のメンバー(有料会員)が利用する動画配信サービスのNetflix。来日した同社プロダクト最高責任者のグレッグ・ピーターズ氏に話を聞いた。

  • 日経コンピュータ インタビュー

    パーソナライゼーションで勝負 イノベーションは中国からも

    魚谷 雅彦 氏 資生堂 社長

     米AIベンチャーの買収などデジタル投資に520億円を投じる。目指すのは顧客1人ひとりに最適な商品を提供できる体制づくりだ。イノベーションを興す人材の輩出先として、米国のほか中国にも目を向ける。

  • 商用車クライシス

    「単独での開発投資はリスク大」、三菱ふそう会長

    松永 和夫(三菱ふそうトラック・バス代表取締役会長)

    誰が生き残るのか――。自動運転化や電気自動車(EV)化など、100年に1度の改革の波が自動車業界に押し寄せている。業界の主導権を賭けたこの争い、対象は乗用車だけではない。比較的「平穏」とされてきたトラックやバスにも波及し、商用車メーカー各社は対応に奔走する。

  • 挑戦者

    IoTスタートアップの流儀 パナソニックに輸血する

    岩佐 琢磨 氏 shiftall CEO

     パナソニックを飛び出した異端児が、約10年ぶりに古巣に復帰する。IoTスタートアップとして様々な製品を生み出した経験を基に、パナソニックに新たな「血」を注入する。

  • インタビュー

    医療情報学が今後進むべき道を再考したい

    赤澤 宏平氏 新潟大学医歯学総合病院 医療情報部 教授

    「第22回 日本医療情報学会春季学術大会 シンポジウム2018 in 新潟」が2018年6月21~23日に新潟市の朱鷺メッセ(新潟コンベンションセンター)で開催される。大会テーマは「医療情報学の再発見 〜研究の多様化の中で今なすべきことは?〜」である。大会長を務める新潟大学医歯学総合病院 医療情報部…

  • パナソニック 101年目の挑戦

    宮部CTOは劇薬を選んだ、パナソニック出戻り起業家が語る決意

    Shiftall 代表取締役CEO 岩佐 琢磨氏

     パナソニックは2018年4月にスタートアップ企業Cerevoの子会社、Shitallを買収した。ShiftallにはCerevo元CEOの岩佐琢磨氏ほか20数人の元Cerevo社員が所属する。岩佐氏は過去にパナソニックで家電の商品企画に携わった人物。出戻った岩佐氏はパナソニックをどう変えるのか。

  • インタビュー

    ベトナムFPTが日本事業を再構築へ、沖縄で大学建設計画も

    FPTコーポレーション チュオン・ザー・ビン会長

     ベトナムITの雄で、対日オフショア開発を数多く受託してきたFPTグループが変革の時を迎えている。上流工程に特化した新会社を2018年7月にスタートさせ、開発案件を一手に引き受けられる体制構築への足掛かりとする。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る