閉じる

製造スキルアップ

  • あなたの会社は大丈夫?!

    有望な開発や事業を見つけ出す「特許マーケティング」とは何か

    三井物産戦略研究所 技術・イノベーション情報部 知的財産室 室長、弁理士、AIPE認定シニア知的財産アナリスト

     有望な開発テーマや新規事業をどのように見つけたらよいのか。今、多くの日本企業がこの問題に頭を抱えている。この悩みに応えるのが、特許情報を有効活用する新たなマーケティング手法「特許マーケティング」だ。考案者であり、「技術者塾」で「特許マーケティングによる新規用途・事業開発 知財情報戦略 応用編」(2…

  • イノベーションの幸福学

    アイデアは出そうと思うと、逆に出ない

    前野教授、矢島里佳さんと「和の心」について語り合う(その3)

    10年以上先の会社の姿、そのために実現していく事業が既に見えているという矢島さん。新しい事業のビジネスモデルを構築するプロセスは、パズルのピースを常に集めている感じだという。

  • 識者が指南、スキルアップの勘所

    自動車HMIが革新、表示系デバイスへの要求に変化

    「人と車のインターフェースを支える車載部品技術」の講師、鵜飼育弘氏に聞く

    車載用ディスプレーおよびタッチパネルの市場は、今後大きく成長すると期待されている。同じディスプレーやタッチパネルでも、テレビやスマートフォンなどの民生機器向けと車載機器向けでは、要求性能は大きく異なる。日経BP社は「人と車のインターフェースを支える車載部品技術」と題したセミナーを、技術者塾として20…

  • できるリーダーになるための「仕事の道具箱」

    ダメ出しではメンバーは成長しない

    第16回 ポジティブフィードバック

     これまでの会社生活を振り返って、皆さんがうれしかったことや励みになったことは何でしょうか。上司やお客様に褒められた。業績が評価されて表彰された。ある分野で一人前として認められた──。こうした体験をしたときに、自分の成長を実感して、やる気が湧いてきたのではないでしょうか。自分が経験して励みになったこ…

  • 識者が指南、スキルアップの勘所

    変わる自動車のアンテナ設計、その勘所を押さえる

    「必ず理解できる、車載用アンテナ設計の勘所」の講師、根日屋英之氏に聞く

    自動運転や安全運転支援に必須な技術の1つが無線通信だ。その無線通信に欠かせないのがアンテナである。車載用アンテナの設計には特有の勘所があり、そのノウハウはほとんどのアンテナ設計に応用できる。日経BP社は「車載用アンテナ設計」に関するセミナーを、技術者塾として2018年3月15日に開催する。

  • イノベーションの幸福学

    ジャーナリスト志望女子大生は、なぜ伝統のものづくりに転じた?

    前野教授、矢島里佳さんと「和の心」について語り合う(その1)

    大学4年生で会社を設立し、日本の伝統工芸の技を用いた0~6歳向けの商品ブランド「aeru」を立ち上げた起業家は、学生時代、ジャーナリストを目指していた。なぜ、ものづくりに興味を抱いたのか。

  • パワーデバイスを安心・安全に使う勘所

    語らぬ人々

    パワーデバイスの未来を描く思考回路III #3

     連載「パワーデバイスの未来を描く思考回路III」の前回(#2)では、IoTを考えるときにもヒト・モノ・カネという視点から考察することが肝要だと述べ、そのうち、モノのIoTを取り上げました。続く今回は、ヒトのIoTがテーマです。

  • トヨタに迫れ!検図の極意

    実は多くの技術者が知らない「VE」

    第18回 本来のVE

    VEと聞いて、何を思い浮かべるでしょうか? VEの研修をしたり企業のVEを手伝ったりするとき、技術者に「VEの目的は何ですか?」と聞くと、ほぼ100%「コストダウンです」という言葉が返ってきます。もちろん、VEの狙いの1つにコストダウンがあることは間違いではありません。しかし、VEの目的はコストダウ…

  • できるリーダーになるための「仕事の道具箱」

    組織・チームの力はこう高める

    第15回 フォロワーシップの育て方

     組織やチームには達成すべき共通の目標があります。「目標達成」というゴールに向かって進むためには、リーダーの指揮の下、メンバーそれぞれに自分の役割を果たすことが求められます。優れたリーダーの下には、必ず優れたフォロワーがいます。リーダーがどれほど優れたリーダーシップを持っていても、支えてくれるフォロ…

  • 設計マネージャーを目指す人の「國井設計塾」予備校

    設計が「我流」に陥るワケ

    第19回 設計者の偏差値(その1)

     私は、光学検査装置を製造する中小企業の機械系設計者です。高専出身で入社5年目です。昨年、國井先生の「國井設計塾・全5回」を受講しました。7月14日開催の「開発期間とトラブルを半減させる高速設計」の時、先生は高専出身者を高く評価していると聞きました。とても嬉しく思いました。しかし、自分の機械設計者と…

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

製造

エネルギー

もっと見る